スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーとはどんなものか

スクラバーとは、化学実験室や酸熱分解、化学工場やメッキ工程・塗装工程などで生じる有害ガスを吸着し、水洗した上で薬液で中和処理をして大気内に排出する装置です。乾式と湿式が存在し、発生した有害なガスを排風機で集結させ、排ガス洗浄装置で除去してクリーンにし、大気に放出する装置が湿式、乾式の場合は、水での洗浄では取り除きづらい有機溶剤や悪臭を活性炭で除去する装置のことを指します。湿式は、高い濃度の酸性ガス・アルカリ性のガスの水洗浄や薬液による中和吸収が可能です。いっぽう乾式は対象のガスに適合した吸着材を選ぶために確実に除去が可能で、吸着材はカートリッジのため交換も簡単です。

湿式スクラバーでも、ガスを排出する方法は2通りあり、水に溶けさせて除去することは「物理吸収」と呼びます。中和反応あるいは化学反応による分解でガスを除去するのは「化学吸収」と呼ばれ、酸性ガスを除去したい時には、水酸化ナトリウムのようなアルカリ性の水溶液を注入して、中和反応を発生させるのです。スクラバーもさまざまな会社が製造・販売しており、小型の物や大型の物も売られています。スクラバーで検索すると販売している会社によっては、ネットで商品カタログも閲覧できますから、気になる商品があればまずそちらの会社に問い合わせてみることをおすすめします。

各会社が技術力を駆使して機能性の高い商品を開発しており、大型機器は見積もりを取ってみるといいでしょう。スクラバーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です