スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーを使用することで可能となる事例

世間一般には知られていない産業機器というものは、非常にたくさん存在しています。例えばマイクロファイバーや赤外線診断装置がそれであり、どちらも外壁工事には欠かせないものです。これらの操作方法や理屈は、各会社で研修を実施して作業員に教育をしています。産業機器のひとつに数えられるもので、「スクラバー」というものもあります。

これはわれわれの生活の基盤を支えており、可能であればその仕組みを知っておいてもいいでしょう。スクラバーとは、浄水場の貯水升の底に敷き詰められているろ過装置のことを指します。直径20センチメートルのパイプで、計2層に分類されているのが特徴です。電気を流すことで毎秒25mlの空気が発生し、電気分解と併用して水から微生物や砂利を取り除くことができます。

スクラバーは温水プールでも活用されており、水を循環させつつ清潔に保てるようにできるものです。本来は石油タンカーに備わっていたもので、重油や軽油・ガソリンが混ざり合わないようにしていたものでした。デンマークの会社が1950年代に開発をしており、1998年まで特許を有していたことで日本では製造できなかったものです。ところが1999年以降は、特許が切れたので世界各地で生産できるようになりました。

国内の浄水場で使用されているスクラバーは国産であり、浄水場に特化した機能を有して運用がなされているわけです。今後も安全な水を届けるために活用されるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です