スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーとは一体何

スクラバーと言われても関係者でない限り、一体どんなものなのか知っている人は少ないと思います。ただ私たちの生活にはなくてはならないもので、これからも活躍度がます装置です。この装置を使うと排気ガスを綺麗にして、外に放出する事ができます。排気ガスに関する規制も厳しくなってきて、環境保全に対する意識は国民の間でもどんどん高まってきています。

もしスクラバーを使用しないでそのまま汚染物質を放出すれば悪臭や健康被害などで、近隣住民から苦情が出て企業活動は難しくなってしまうでしょう。スクラバーには乾式と湿式があって、それぞれが違う方法で汚染物質を除去してくれます。どちらにもメリットやデメリットがあるので、利用する環境や規模などによって最適なものを選ぶ事が大事です。湿式は水と汚染物質を確実に接触させて洗い流してしまう事で、無害な大気をつくる装置です。

接触した水も問題ない状態にするので、環境に大きな影響を与えません。確実に水に触れる状態をつくりだす事が理想で、そういった装置も開発されています。乾式は簡単にいうと、家庭に普通にある空気清浄器のようなものです。様々なフィルターで臭気や汚染物質を取り除いて、綺麗な空気を排出する仕組みです。

どちらの方式が優れているとかの問題ではなくてどんな環境で使うのかによって決めるのが大事です。ただ水に溶けにくい物質の場合は、乾式を選ぶ必要が出てきます。まずはメーカーによく相談する事が大事ですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です