スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

使用環境によってさまざまな装置があるスクラバー

工場では科学製品や日用品、薬剤などのさまざまな製品を製造しています。製造段階では製品の素材である物質や製造の段階で発生した有害物質を含んでいる空気を発生させ、その空気を工場内に充満させると働いている従業員が、有害物質を含んでいる空気を吸い込み健康を害することがあるので、施設外に排気します。しかし有害物質を含んだまま、大気に放出すると、工場の近くに住んでいる人の人体に影響を及ぼしたり、有害物質で地球環境の悪化を招くことがあります。この有害物質を含んでいる空気をきれいにするのがスクラバーです。

これにはさまざまな種類のものがあり、利用する施設に合わせたものを選んで設置することが大切です。スクラバーは大きく分けると乾式と湿式があります。乾式は有害物質を吸着するフィルターを使うもので、特殊なフィルターで有害物質を捕まえきれいな空気を排出し、乾式は名前の通り液体を使用したもので、水のカーテンをつくり、そこを通り抜ける空気が有害物質を水に溶け込ませてきれいな空気にします。有害物質がアルカリ性や酸性の場合は、排出させる物質に合わせて、それを中和する液体をカーテンにすることで中和作用で排出する空気を無害にします。

これらのタイプのスクラバーを選択し、使用する工場の大きさなどに合わせたものを設置することで、有効な使用ができます。排出する気体に含まれているものや設置条件に合わせてスクラバーを選択し使用することが、環境悪化を防ぐことになります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です