スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーの活用で排気ガスの洗浄化が実現

スクラバーを活用することで、工場運営を安全に進められるようになります。工業製品によっては、数々の有害物質が製造工程のなかで生じるものです。人体に有害な成分や臭気を発生させる有害ガスを排出してしまうと、周囲の住環境に悪影響を及ぼすだけではなく、作業に従事する人員にも、良くない影響を与えてしまいます。スクラバーを、工場内の換気設備に備えることで、排ガスのなかから有害な成分を除去することは可能となります。

環境基準に抵触することも、近隣の住環境に悪影響を与えることもない、安全な工場経営を実現できるのです。スクラバーの種類には、湿式と乾式の2種類が存在しています。工場から排出されるガス内に、アルカリ性ガスなどが含まれている場合に、水洗浄を用いて吸収を行うのが湿式型スクラバーを用いる目的です。乾式の場合には、湿式では洗浄できない成分を、活性炭を活用することで吸収していきます。

スクラバーを導入することで、製品を大量に製造したとしても、有害な成分を大気中に放出することは無くなるのです。工場に排ガスを浄化させる設備を備える際には、事前に設置が可能であるかの検討を行う必要があります。多くの設備メーカーでは、無料で受けられる事前見積を実施中です。見積もりを依頼する際には、自社が排出する有害成分について調査しておくことが必要となります。

製造工程において、一日に排出される有害成分の量を元に、導入費用の算出を行ってもらうことを心がけましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です