スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーの重要性について

工場や研究施設などは、その製造過程などで排ガスや臭気物質が発生します。それらをそのまま大気に放出することは、公害を引き起こす原因となり、社会問題にまで発展するものです。スクラバーは排ガスを処理する装置で、こうした有害物質やガスを浄化する機能を備えています。フィルター式のものやカートリッジ方式のスクラバーがあり、物質に応じて使い分けることで空気を清浄に保つことが可能です。

粉塵や汚染物質を除去し、臭気を無くすことが出来るので近年では飲食店でも導入されています。スクラバーはその内部に工場などで発生した排ガスを取り込み、充填剤を加えた水を通して汚染物質やガスをきれいにするのです。特殊な有機物質を除去するときにも、スクラバーが活躍します。スクラバーの内部に薬液と水を入れ、排ガスを通過させることで除去が可能です。

このため、物質に応じて方式を選ぶ必要があります。シンプルなものは、活性炭フィルターなどを使用するタイプのものも存在し、フィルター交換が可能です。フィルターをには他にも、酸性ガス用・中性ガス用・塩基性ガス用といった種類があります。排出されるガスの性質に応じて、洗浄が可能となるのです。

定期的なカートリッジやフィルターの交換が必要となりますが、汚染物質を大気中に放出しないためには必要なプロセスと言えます。以前はコストがかかると言われていた装置ですが、近年は小型化や高性能化に成功し、費用がかからないタイプも手に入ります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です