AEDレンタルのメリット

AEDを設置する場合、購入またはリース、レンタルなどの選択肢があります。設置したいがどの方法を選べばよいかわからない、そんな場合は費用と期間に注目をしましょう。購入のメリットはランニングコストがかからず、長期的に使用できる点にあります。リースの利点は初期費用を安く抑え、一定期間ずっと設置し続けられる点にあるでしょう。

AEDレンタルのメリットは、短期間だけ安く利用できることにあります。リースサービスは通常、1年から数年の長期契約となるのが一般的です。長く利用し続ける場合、購入したほうがコストが安く済む、といったケースもあるかもしれません。レンタルサービスは数ヶ月など、ごく短期間だけでも利用できます。

消耗品なども基本料金に含まれていることが多いため、余計な費用がかからないのが魅力です。AEDの耐用年数は6年から8年程度とされており、正しく作動させるためには保守管理が必要となります。せっかく設置していても、適切にメンテナンスをしていなければいざという時に役に立たない可能性があるのです。またバッテリーなど消耗部品については、必要に応じて交換も行わなくてはなりません。

レンタルでAEDを設置すれば、消耗部品の交換や保守管理の手間を省くことができます。法人の場合、余計な固定資産税が発生しないといったメリットもあるでしょう。短期間だけ設置したい場合や、保守管理の手間を省きたい場合は、レンタルサービスの利用が適しているといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です