AEDをレンタルで導入する場合

AEDをレンタルで導入する場合、初期費用をかなり抑えられるのが大きなポイントです。導入時に保証料を2万円ほど収めるケースもありますが、保証料を徴収しないレンタル会社もたくさんあります。その場合は月々の費用だけを見れば良いので、どれくらいのコストがかかるのかを把握しやすいのが特徴です。会社で導入する時にはコスト面を明確にしなければなりませんので、レンタルにすることが多いようです。

期間も長期と短期で選ぶことができ、それぞれに合った使い方ができます。一つだけ注意しなければならないのは、短期で契約したのにも関わらず長期にわたって使い続けると、余計な費用がかかってしまうという点です。長く使うつもりなら、最初から長期の契約を結んだ方が安く済みます。契約を結んで商品が届いたら、設置場所を周知することも忘れてはいけません。

導入されたAEDの効果を最大限に高めるためには、関係する人たちが設置場所を把握する必要があります。AEDの設置場所だけでなく、使い方も日頃からレクチャーしておくと良いでしょう。レンタル会社では導入時に講習会を開いてくれて、基本的な使い方を教えてくれます。設置後は、定期的に点検しないと故障で使えないことも起こり得ます。

最近のAEDはセルフチェックができるようになっており、自動でチェックしてその結果を知らせてくれるのでとても楽です。バッテリーや電極パッドには使用期限があり、定期的に交換します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です