レンタルはAEDを短期利用に便利なサービス

AEDは高度医療機器に分類されるものですが、誰もが使うことができる医療機器といわれています。初めて使う人も倒れた人に電気ショックを与えて蘇生することができる、このようなメリットを持つことを知っている人は多いといえましょう。ただ、意味を正しく理解していないと必要なことだと分かっていても電気ショックのボタンを押すためにはかなりの勇気が必要です。設置する施設などは、心電図の解析や電気ショックエネルギーの準備、そして2分間の心肺蘇生と心電図解析を繰り返すなど基本的なステップを理解しておくことも重要です。

購入する場合には、このような理解をされるケースは多いけれどもレンタルの場合は短期間だけなので十分な知識もなく工事現場に設置などのケースも多いのはないでしょうか。AEDはレンタルで導入することもできるわけですが、使い方はもちろん使う目的など正しい知識を得ておく必要があります。ちなみに、AEDの電気ショックは心臓を一旦停止させるなどの重要な目的があることをご存知でしょうか。一般的に、心臓を再び動かすための医療機器といったイメージを持っている人も多いかと思われますが、このような認識は小さな誤解があるといいます。

レンタルで施設に設置するときなども製品を提供する際の担当者などが詳しい説明をしてくれる、説明をして貰えないときなどは逆に質問して使い方やAEDを使う目的など正しい認識を得ておくことをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です