会社組織にも導入されるレンタルのAED

公共施設に設置されていることが多いAEDですが、会社組織でもレンタルによる導入を検討することが増えています。購入すれば所有権がその会社にありますので入手方法としてはシンプルなような気がしますが、購入すると初期費用が高額になるため、予算を決めてから実際の導入となる会社にはハードルが高くなります。費用負担を押さえて取り入れようと考えるのなら、やはり初期費用を大幅に抑えられるレンタルの方が合っていますし、月々の支払もそれほど高くはありません。もちろん選ぶAEDによっても多少の違いはありますが、手ごろなものなら数千円程度から借りられます。

会社でAEDを導入したら、それを扱う可能性のある人たちにしっかりと教育をする必要があります。レンタル会社では導入時に講習会を実施していて、その時に実際の機器を使用して使い方を教えてくれますので、全て任せておけば大丈夫です。レンタル会社のスタッフはAEDについての知識が豊富で教え方も上手なので、これまで一度も触れたことがない人でもスムーズに学ぶことができ、その学んだ人が他の人に教えるという形にすることも可能です。これからは、どんどんAEDの設置される場所が増えていくと言われています。

命を扱う機械ですので心理的には少しハードルが高いのですが、一度講習を受けた後は自信を持って使えるようになりますし、いざという時でもそれを思い出しながら落ち着いた行動を取ることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です