個人の家庭にもAEDをレンタル

レンタルのAEDというと、学校や商業施設等の人が集まる場所に設置されるものというイメージがあります。たくさんの人が集まる場所では使う可能性も高いので、いくつかのレンタルされたAEDが設置されていることが多いようです。設置が義務付けられている場所もあり、最近では街中で見かける機会も増えています。公共の場所に置いておくイメージの強いAEDではありますが、実は心停止に落ちる確率が最も高いのは自宅にる時です。

自宅で処置が必要になった時、救急車が到着するのを待っていたら間に合わないケースもありますので、AEDをレンタルしておくと安心です。家庭用ですから、複雑な機能は必要ありません。最低限の機能がついていて、誰もが簡単に操作できるものの方が現実的です。通常は目立たない場所に置いておきますので多少大きくても良いのですが、しまいこんでいざという時に使えないのでは意味がありませんので、すぐに取り出せる場所に設置します。

設置するだけで安心するのではなく、導入時とその後は定期的に使い方を復習する必要があります。長い間使ってないと忘れてしまうことも多く、故障をしていないかの点検も必要です。故障してしまったら早急にレンタル業者に連絡をして、修理をしてもらうか新しい機種を届けてもらわなければなりません。処置が必要になった時にいつでも使えるように、故障をしていないかの管理はしっかりと行って消耗品の管理も必須です。

AEDのレンタルのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です